レッスンの進め方

レッスンの進め方

カランメソッド英会話では、先生の質問に答えるというレッスンスタイルがとられます。

 

これは、ネイティブの英語を話す先生の質問に即答するという訓練を重ねることで、英語脳を形成し、鍛えていくということを目的としています。

 

英語特有の音やリズムに自然と慣れるためには、じっくりと日本語に訳して考えている暇をつくらずに、絶えず英語で脳を働かせるということが大事だからです。そのため、何度も繰り返して、絶えず質問を投げかけられ、それに答えるというレッスンスタイルがとられているのです。

 

 

カランメソッドの先生は、あえて1分間に200〜230単語のスピードで話します。ちなみに一般的なネイティブが話すスピードは1分間に150〜230単語ですから、かなり早く話していると感じでしょう。これを一般的な英会話の1レッスンの25分にすると、レッスン中に約5000語の単語を聞いたり話したりすることになります。

 

そうすると、必然的に生徒は先生の言葉を集中して聞くことになり、日本語で訳しながら考え話す時間は持てなくなってきます。これを繰り返すことがカランメソッドの特徴でもあり、レッスンタイルの基本となっています。

 

 

質問に答えることを繰り返すというのが、カランメソッドのレッスンスタイルなのですが、レッスンでは次のようなポイントがあります。

 

・質問された形式の単語と構造をそのまま使って答える

 

・理解するよりも瞬時に機械的に答えるようにする

 

このような点を意識して、大量の英単語を、瞬時に言葉に出していくということを繰り返すことがカランメソッド英会話でのレッスンの進め方なのです。